小鼻の毛穴を引き締める方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小鼻の毛穴は、普段のケアが間違っていると、角栓、角栓の黒ずみ、ニキビ、帯状毛穴と段階を経て悪化します。小鼻の毛穴を引き締める方法について調べてみました。

加齢による帯状毛穴

加齢と共に皮膚の弾力が低下し毛穴は縦方向に伸びる涙型に変化します。更に、肌のたるみにより広がっていく毛穴は、毛穴と毛穴が接近してシワのようになります。

シワって真皮内のコラーゲンなどが減少してシワになるんじゃなかった?と思いますよね。そのシワとは別に現れるのが、帯状毛穴です。さすがに小鼻にはできないでしょう、と思われるでしょうが小鼻にも帯状毛穴はできます。

間違ったケア

例えば、鼻のテカリが気になって脂取紙で何度も鼻を抑えていませんか。何度もテカリを抑えると、必要な皮脂まで取り除かれてしまうだけでなく、肌への摩擦による負担も心配です。

また、スクラブで小鼻の汚れを落とす際に、強い力でゴリゴリマッサージするのもNGです。これも、余分な皮脂を取ってしまったり、毛穴を大きくする要因となります。

蒸しタオル

水で絞ったタオルを電子レンジでで30秒程温めると簡単に蒸しタオルを用意することができます。蒸しタオルを3分ほど顔に乗せて、角質を柔らかくしてから洗顔すると、毛穴に詰った角栓が取れやすくなります。蒸しタオルは、頻繁に行うと毛穴が開き過ぎてしまうので、週に1~2回程度に留めておきます。角栓が取れた後のお肌は、美容成分が浸透しやすくなっています。速やかに化粧水とクリームで保湿ケアを行い、小鼻の毛穴を引き締めます。シートパックを使って美容成分を肌に与えるのもおすすめです。

炭酸水・炭酸パック

炭酸水は、肌の血流を良くしたり皮膚の汚れを落とす効果があります。洗顔時に、炭酸水で泡を洗い流したり、コットンに炭酸水を含ませたもので小鼻をパックするなどの使い方があります。1本で、パックとクレンジングができる優れものもあります。

クレイ

ガスールなどのクレイパックは、汚れに吸着して肌をきれいにするだけでなく、含有しているミネラル成分によって皮膚を健康に保つことができます。ベリっと剥がすパックと違って肌に優しいので安心です。

エステ

月に1回小鼻や顔に溜まった汚れを、エステのフェイシャルでケアするのもおすすめです。施術を重ねていくことで、小鼻に角栓ができにくくなり、鼻のテカリによるメイク崩れの悩みが解消されます。オプションで、フォトフェイシャルやトリートメントなどのケアでお肌をより美しくすることもできますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。