小鼻にできた角栓の取り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小鼻の毛穴に角栓ができると、鼻がテカリやすくなる上に、ファンデーショを塗っても角栓が見え隠れしてしまいます。そもそも、ファンデーショで小鼻の毛穴を隠すのは、根本的な解決になっていないどころか、悪化させてしまうことになりますよね。小鼻の角栓を取る方法について調べてみましたので、参考にしてみて下さい。

小鼻の角栓が目立つ原因

老化により引き締まっていた毛穴が、肌の下垂により引っ張られて目立ちます。または、皮脂分泌が多いことによって、毛穴そのものが大きくなる場合の2種類が原因として挙げられます。

そして、鼻には皮脂腺が多くあるため、角栓ができやすくなるのが原因です。角栓が目立ってくると我慢できなくなって、指で角栓をニョキッと押し出したり、皮脂汚れ吸着パックで角栓を取り除く行為は、毛穴を大きくし、更に角栓が溜まりやすくなります。

角栓には酵素

洗濯用洗剤は、皮脂汚れには酵素が配合されたものの方が汚れが落ちます。同様に、角栓も酵素で落としていくことができます。それは、角栓の約7割がたんぱく質で構成されているから。

そのため、クレンジングで角栓を落とそうとしても、少ししか角栓の汚れは落ちません。パパイン酵素やAHAなどが配合されている洗顔料であれば、古い角質や皮脂汚れを落としていくことができます。クレンジングで、油分を落とすお手入ればかりしていると、皮脂が取れ過ぎて皮脂分が過剰になるので気を付けましょう。

洗顔はぬるま湯で

38度以上の熱いお湯で顔を洗うと、肌に必要な皮脂まで洗い流されてしまいます。特に、入浴時にシャワーのお湯を直接顔に当てて洗顔するのはNGです。

すぐ保湿する

洗顔後は、肌の水分が蒸発しやすいため、すぐに化粧水とクリームで保湿ケアを行います。コラーゲン、セラミド、ビタミンC誘導体などの保湿成分が配合されているもので肌質を改善していきます。

皮膚科

どうしても角栓を上手く取り除くことができない場合は、美容皮膚科を受診してみましょう。ケミカルピーリングや、レーザー治療、イオン導入、フォトフェイシャルなどで肌質を改善することで、角栓ができにくい肌に変えていきます。

時間がかかる

角栓はすぐには取れません。また、スキンケアをきちんと行っても生活習慣や食生活が乱れていたら、角栓が溜まりやすくなります。他にも、手で鼻を触る癖があったり、寝具が汚れているなどの理由でも角栓ができやすくなりますので、根気よくお手入れすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。