みかん肌の原因と改善を徹底調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皮膚に生えている細い毛の毛穴が、皮脂や古い角質などによって詰まり、面皰というものを形成し黒ニキビとなります。黒ニキビがアクネ菌に感染すると、赤ニキビになります。そして、できてしまったニキビを指で押したり、潰したりすると真皮まで傷が付き、皮膚に凹凸ができる状態をみかん肌、クレーターニキビと呼びます。

原因

原因を知ってこそ正しいお手入れができます!

ニキビを潰す

腫れて目立つ赤ニキビや、芯が見えている黒ニキビは、気になって指で押し出したくなります。しかし、無理にニキビを潰したりすると患部が炎症を起こして治りが遅くなります。また、手には見えない雑菌が付いていますので、雑菌が加わることで更に悪化します。

間違ったお手入れ

毛穴に溜まった角栓を取り除くパックは、スッキリして気持ちがいいですが、頻繁に行うと毛穴が開ききった状態になってしまいます。そうなると、だんだん毛穴が目立ち皮脂分泌も活発になり、ニキビができやすい肌に。毛穴の汚れを取り除いた後は、ビタミンC誘導体などで毛穴を引き締めることが重要となります。

また、ニキビが気になって何度も洗顔したり、さっぱり系の化粧水でお手入れするのもNGです。保湿ケアで、皮脂バランスを整えつつ毛穴を引き締める成分でケアしていきましょう。

加齢

年齢と共に肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸が減少してくると、毛穴が目立ってきます。年齢に合った化粧品を選ぶことがポイントとなります。

最終手段は美容皮膚科

毎日のお手入れで効果が現れない場合は、美容皮膚科で診てもらいましょう。

ピーリング

低刺激の酸で、角質の汚れを取り除くことでニキビの素となる面皰をできにくくします。ピーリングは、殺菌作用もあるのでアクネ菌の繁殖を抑えたり、できてしまった赤ニキビの排膿を促す効果も期待できます。1回だけでは効果が出にくいので、何回か通院する必要があります。

リフトアップ

溶ける繊維を真皮層に注入し、血行を促進し肌質を改善します。ニキビができにくい肌にするだけでなく、みかん肌の改善効果もあります。

フラクショナルレーザー

決まった箇所にレーザーで穴を開け、皮膚表面を平にしていく治療です。治療は、最低でも5~6回かかります。1回の治療では終わりませんので、きちんと通えなければ意味がありません。レーザーは、若干の傷みが伴うため、施術前に麻酔クリームを使用します。また、施術後は患部が赤くなり治ってくるとかさぶたになります。施術後1週間はメイクも不可となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。