肌のことを考えたクレンジングの選び方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレンジングの役割はメイクを落とすこと。メイクをしっかり落とすことは肌トラブルを防ぐために重要なことですが、肌の負担にもなります。肌に負担をかけ続ければ、クレンジングによって肌トラブルを招くことになります。

そこで大切になることが、汚れを落としても肌の負担が少ないことです。クレンジングにはいろいろなタイプがありますが、どのような選び方をしたらいいのでしょうか。

クレンジング剤の種類

クレンジングにもシートタイプ、オイルタイプ、クリームタイプなどさまざまなものがあります。クレンジングの種類は以下の通りです。

  • 拭き取りタイプ
  • クレンジングオイル
  • 泡クレンジング
  • クレンジングジェル
  • クレンジングクリーム
  • クレンジングミルク

一番上がもっとも洗浄力が強く、下に行くほど洗浄力は弱くなりますが肌の負担は少なくなります。

洗浄力が強いクレンジングは、ウォータープルーフやマスカラなど落としにくいメイクを落とせる長所があります。しかし洗浄力が強いため、肌に必要な潤いまで強力に奪ってしまいます。

また、拭き取りタイプは簡単にメイクオフできるので、疲れているときにメイク落としが面倒なときなど便利です。

クリームやミルクタイプのクレンジングは洗浄力はやや落ちるため、ウォータープルーフを落とすのには向いていませんが、肌の負担を軽減できます。

肌に負担をかけるクレンジングとは

洗浄力が強いほど、肌にもともと存在している潤い成分が流されてしまいます。避けて欲しいクレンジングは次のようなものです。

摩擦が生まれる

拭き取りタイプのクレンジングは、拭き取る際に摩擦が生まれます。摩擦の刺激で肌を保護するバリア機能が低下をして、肌が乾燥しやすい状態になります。

すぐになじんで簡単に洗い流せる

汚れがすぐになじみ簡単に洗い流せるタイプのクレンジングは、強い洗浄力を持っています。

こういったものを日常的に使用していると肌の乾燥が進行する可能性があります。しかしウォータープルーフのメイクを落とすには強い洗浄力が必要なので、メイクにあわせてクレンジングを選びましょう。

乾燥肌が気になる人の選び方

乾燥肌の方は肌の保湿成分が減少をしているので、肌に存在する保湿成分を必要以上に奪わないようなクレンジングを選びましょう。

ミルクタイプやクリームタイプは、オイルタイプや拭き取りタイプに比べて洗浄力がマイルドで負担が軽減します。角質層に影響を与えにくい設計のものを選んでください。

もしくは、界面活性剤が配合されていないコールドクリームを使用するのもよいでしょう。界面活性剤が配合されていないので、肌への負担が少ないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。