毛穴の悩み原因別 毛穴ケアコスメの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毛穴の悩みを改善するためには、悩みの根本原因に働きかけなければなりません。毛穴の悩みといっても原因はさまざまです。そこで、原因別におすすめの毛穴ケアコスメの選び方を紹介します。

つまり毛穴

つまり毛穴は、毛穴に角栓がたまって毛穴が開いた状態のことです。肌を触るとザラザラしていたり、黒いブツブツが目立つことが特徴です。

角栓を取り除くことがつまり毛穴改善のポイントです。角栓を取り除くためにおすすめのものがピーリングです。

角栓は皮脂やメイク汚れと古い角質が混ざったもので、大部分がタンパク質なので、油性の汚れを落とす洗顔では落とすことができません。ピーリングには古い角質を取り去り、ターンオーバーを正常にして毛穴のつまりを防ぐ働きが期待できます。AHA入りの化粧品を選ぶとよいでしょう。

たるみ毛穴

たるみ毛穴は開いた毛穴が楕円形に目立ってしまう状態です。コラーゲンやエラスチンの減少、表情筋の衰えが原因です。

このタイプのコスメの選び方ですが、肌を保湿したりコラーゲンの生成を促すものがよいでしょう。

ビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける働きがあります。しかし、ビタミンCは肌に浸透しにくく刺激があり、不安定なので化粧品に配合しにくい欠点があります。そこで、この欠点を改善したビタミンC誘導体が登場しました。

肌に浸透しやすく刺激が少ない特徴があります。コスメにはリン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビルリン酸Naなどと表記されています。

レチノールにも肌のコラーゲンを増やす働きがあります。しかし、刺激が強く人によっては肌の乾燥を感じることがあります。

帯状毛穴

帯状毛穴はたるみ毛穴が進行をして線のようにつながってみえるものです。脂性肌は毛穴が開きやすいので、脂性肌に多くみられます。

皮脂分泌が多いからと皮脂を取りすぎてしまうと、肌が乾燥をしてしまいます。乾燥も毛穴を目立たせる原因です。保湿をして肌の水分と油分のバランスを整えることで皮脂分泌が治まるので、保湿系のコスメで毛穴ケアをしましょう。

ヒアルロン酸、セラミド、トレハロース、リピジュア、NMF、コラーゲンなどの保湿成分があります。

美容液の使い方

美容液は高濃度で美容成分を配合できるので、高い毛穴ケア効果が期待できます。しかし、正しく使わないと美容液での変化を実感できません。

どのようなコスメでもそうですが、変化を実感するためには適量を使う必要があります。製品に記載されている量を守って使用してください。

美容成分を肌にじっくり浸透させることが使い方のポイントです。肌が温かいと浸透がよくなるので、手のひらを温めて、美容液を顔に広げてから手のひらで顔を包んで浸透させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。