原因別、毛穴の開きを改善する方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毛穴の開きにはいくつか原因があります。原因によって改善方法は違うので、何が原因で毛穴が開いているのかを知って、原因にあった改善方法をしていきましょう。

つまり毛穴

皮脂には肌を保護する役割があり、皮膚にはなくてはならないものです。しかし、過剰に分泌されると毛穴が広がってしまいます。また、過剰な皮脂と古い角質が混ざると角栓ができて、角栓が酸素に触れて酸化をすると黒ずみ毛穴になります。

肌が乾燥をしていると、乾燥を補うために過剰に皮脂が分泌されます。皮脂分泌が多いからとさっぱりした化粧品でケアをするのではなく、保湿化粧品でケアをしていきましょう。

洗顔のしすぎは肌に必要な潤いを奪ってしまいますが、洗顔が足りないと毛穴に汚れがつまります。メイクをしたらクレンジングでしっかり落とし、汚れがつまらないように予防をします。

たるみ毛穴

たるみ毛穴は毛穴が楕円形に広がって見えることが特徴です。肌のコラーゲンやエラスチンが減少をすると、肌のハリや弾力が低下をして皮膚がたるみます。それと一緒に毛穴も広がった状態がたるみ毛穴です。紫外線の影響や加齢でコラーゲンなどが減少をします。

たるみ毛穴を悪化させないために、紫外線対策をすることが大切です。冬でも雨の日でも紫外線は地上に届いているので、日焼け止めを塗ったり日傘をさして対策をしましょう。

肌のコラーゲンやエラスチンは真皮層に存在していますが、化粧品の成分は真皮層にまでは届きません。そのため、コラーゲンを塗っても肌のコラーゲンにはならないのです。

コラーゲンの生成のためには、ビタミンC、鉄分、タンパク質を食事から摂取します。コラーゲンペプチドの摂取でも肌のハリの回復が期待できます。

ニキビ毛穴

ニキビを潰してしまうと、ニキビができていた部位の毛穴が開いてしまいます。また、ニキビを治したいために過剰に洗顔をして肌が乾燥をしてしまったり、保湿ケアを怠ることで過剰に皮脂が分泌されて毛穴が開くことがあります。

ニキビ跡が残ってしまうとセルフケアでは改善が難しくなるので、ニキビができないようにケアをします。

ニキビの原因は、乾燥、偏った食事、睡眠不足、ストレスなどです。

ニキビにはビタミンC誘導体やセラミドを配合した化粧品がおすすめです。ビタミンCには皮脂分泌を抑制したり、抗酸化作用でニキビ跡を予防する働きがあります。セラミドは保湿力の高い成分です。

糖質や脂質の過剰摂取は皮脂分泌を増やすので、甘いものや油っぽいものの食べすぎには気をつけましょう。ビタミン、ミネラル、タンパク質などをバランスよく摂取することが、ニキビ予防につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。