いちご鼻になる5つの原因を分かりやすく解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いちご鼻とは鼻に黒くブツブツとしたものができてしまった状態のことです。このブツブツは、毛穴にたまった角栓が酸素に触れて酸化をして黒くなったものです。角栓はメイク汚れ、皮脂汚れ、古い角質などが蓄積することでできます。

角栓ができる原因は以下のようなものがあります。

過剰な皮脂分泌

皮脂には肌の潤いを保つ役割があります。しかし、過剰に分泌されると毛穴から排泄しきれず、毛穴にたまって古い角質と混ざり固まってしまうことがあります。

皮脂が過剰に分泌される原因には、ストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、偏った食事などがあります。

ストレスや睡眠不足が続くと、交感神経が優位に働き男性ホルモンの分泌量が増えます。男性ホルモンには、皮脂を多く分泌させる働きがあります。男性よりも少ないですが、女性でも男性ホルモンは分泌されています。糖質や脂質の過剰摂取は皮脂分泌を増やします。

ターンオーバーの乱れ

肌が一定の周期で生まれ変わっていた、これを皮膚のターンオーバーといいます。ターンオーバーが行われることで皮膚が健康な状態に保たれています。皮膚のターンオーバーの周期は、20代ころまでは約28日ですが、加齢に伴いターンオーバーが遅くなってきます。古い皮膚がたまってしまうと皮脂と混ざりあい、毛穴につまってしまいます。

加齢以外にも、ストレス、睡眠不足、偏った食事などによってターンオーバーが乱れます。皮膚のターンオーバーには、タンパク質、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養が必要です。無理なダイエットをしたり、加工食品やファストフードなど偏った食事をしていると、ターンオーバーに必要な栄養が不足をします。

肌の乾燥

肌が乾燥をすると毛穴が広がり、毛穴に汚れがたまりやすくなります。いちご鼻は脂性肌ができる印象があるかもしれませんが、皮脂分泌が少ない乾燥肌でもできることがあるのです。肌が乾燥する原因には、保湿不足、間違ったケア、睡眠不足、偏った食事などがあります。

皮脂汚れを落とすために洗顔をすることは大切ですが、過剰に洗顔をすると肌に存在する潤い成分が失われます。ゴシゴシ洗い、熱いお湯でのすすぎなども肌が乾燥する原因です。

不十分な洗顔

帰宅が遅かったり疲れていると、クレンジングをせずに寝てしまうことがありませんか。メイクをそのままにして眠ってしまうと、毛穴にメイク汚れがたまってしまいます。

また、毎日皮脂を分泌しているため、不十分な洗顔を続けていれば汚れが蓄積をしてきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。